一文字家について

ご挨拶

今、お客様の為にすべきこと(弊社代表からのご挨拶です。)

一文字家が会社組織となって、本年で108年を迎えました。その、長い歴史の中で絶えることなく受け継がれてきたものは、「安心して、おいしく召し上がって戴く為の努力」でありました。常に、「今、お客様の為にすべきこと」を考えてきました。そして、2005年8月、私達は、意を決して、「安心して、おいしく召し上がって戴く為の努力」を「新工場」という形にいたしました。
新工場は、厚生労働省・農林水産省・(社)日本惣菜協会からの認定を受けた、HACCP手法支援法認定工場(全国十一番目、山陰初)となり、工場内のゾーニング、動線の整理、室温・冷蔵庫・調理温度など温度の徹底管理をし、国内最高水準の衛生環境を整えることができました。

今後は、これまで以上の品質向上と生産効率のアップを果たすことは元より、「松江百年の味・一文字家」と、銘を打ち、これまで以上に、味と素材にこだわり、心のこもった料理を作って参りたいと存じます。
又、「今、お客様の為にすべきこと」の一つとして、これまで全商品のパッケージに「人権擁護の標語」を掲載してきたものを、一歩踏み出した形にしました。東京ビッグサイトにおいて開催された食品総合展示会「ファベックス」に「一文字家・ユニバーサルデザイン弁当」を発表。全国に向け、提案いたしました。
又、リサイクル関係では、毎日出る残さを境港市の山陰エコシステムに送り、これを堆肥にしてもらい、それを使って育てた野菜を買って料理を作るという食のリサイクルを完成させました。又、段ボール、オフィスペーパーは再生紙に、リサイクル。食用油の廃油は、大阪で石鹸にリサイクル。社内中の電球は、パナソニックとの契約ですべて電球にリサイクルされています。
何代にもわたって一文字家を育てて頂いた、郷土への感謝を決して忘れる事無く、「一膳一心」、一食一食のお膳に全社員の思いを込めて、調理に向かわせて頂きます。
社員一同、志しを高く精進してまいる所存でございます。どうぞ、ご愛顧頂きますよう宜しくお願い申しあげます。

合資会社一文字家 代表社員 景山直観

ページ上部へ


島根県松江市平成町182-19 クレアヒル松江 電話:0852-22-3755/FAX:0852-22-4245